交通事故の禍根

結果には、必ず原因が伴います。その原因は、私たち誰かによって引き起こされるものでもあり、誰か自分ではないほかの人によって引き起こされるものでもあります。原因が私たちであればあるほど、負わなければならない責任というのは非常に大きくなります。そしてその責任は、私たち自身では負いきれない、と感じることもあります。

特に、交通事故によって誰かの命を奪ってしまった場合なら、特にそうであると言えます。命への責任は非常に大きく、それは私たちがお金や実刑に服するという点で負わなければならなくなることもあります。そしてそれが、事前に計画や予定していたものではなく、一瞬の気の緩みなどが引き起こしてしまう場合もあるのです。そうです、そのように交通事故のリスクは、運転を行っている人の誰もが持っていると言えます。

私たちは、そのリスクを可能な限り減らす運転を行いたいと思っているでしょう。それには、基本的なことがらである交通法規を守ることも含まれていますが、それを継続的に行う、という意識も関係しています。それは、思い立ったときや気分の良いときだけ行えば良いのではありません。それを「いつも」行い、自分ではなく他人のことを考えた運転をいつも行う必要があるのです。

後遺障害の症状と保障

後遺障害の症状は交通事故の状況によりけりですが、後遺症が残る物が該当します。交通事故によって脳を損傷したとなると視力低下や体が動かせないなど、日常生活に支障が出てしまう状態にもなり兼ねないのです。そして、後遺障害の特徴として、このまま治療しても回復が見込めないという状況があります。治療が見込めないとは医師の判断で行われるのですが、脳を損傷したために、大事な神経が使用できなくなり、手術や薬を使用した治療を行っても何も変化がないという状態になります。そして、交通事故と因果関係があるという事も後遺障害のポイントなります。

後遺障害をおってしまった人は、治療の見込みがないという状態なので、緩和という現在の症状と一緒に生きていくという選択肢をとらなければなりません。しかし、実際に後遺障害の人が日常生活を送るためには色々なサポートが必要になります。

そこで、等級認定をして、その人に欠かせない保障を行っていくのです。これは国が後遺障害の人に対して、普通の人と同じ暮らしができるようにと設けた制度で、いつ交通事故が起こって、重大な怪我をしてしまう車社会には欠かせないのです。後遺障害で一番注意したいのは交通事故なのですが、こちらに関して詳しく紹介します。

どのような症状?

後遺障害の症状は多岐にわたります。それは、交通事故の状況がどのようなものであったかにも左右されます。車の事故というのは、体のある特定の部分だけに症状が残る、ということは言えません。体全体に、いわばどの箇所にどのような症状が出るのか、それはわからないからです。ということは必然的に、いわゆる将来的に症状が残るような後遺障害を負いかねない部位というのは、全身にあるということです。

頭部から腹部、脚部にいたるまで、また内臓の疾患もあります。また、自分では本当に軽いと思っていた症状であっても、それが「後遺障害」と認められることがあります。ではもし、人間のメインコンピュータとも言える脳に損傷を追ってしまった場合、どのような症状が表れることがあるのでしょうか。

人間の脳は、非常に多くの事柄をつかさどっています。ですから、脳のどこに損傷を追っているか、によっても表れる症状は異なってきます。たとえば、記憶をつかさどる部分に損傷を負った場合、それが記憶障害となって表れることがあります。また、判断能力をつかさどる部分に損傷を負った場合にも、同様です。脳は視力もつかさどっていますので、視力や視覚野にも問題をきたすことがあります。

後遺障害と交通事故

誰もが安全な生活をしたいと願っていますが、それは誰もが達成できるものではありません。いろんな環境において、いろんな場面や遭遇する事柄などがありますので、私たちはそのすべてを回避することはできません。というのも、それらは難しい問題である場合が多くあり、たいていのことはあらかじめ予測できるようなものではないからです。危険をすべて予測できるのであれば問題はないかもしれませんが、それを行うためには誰もが未来を見ていなければなりません。それは不可能です。だからこそ誰もが、未来に起こりうることを予想して、危険を回避する、ということを行うのです。

危険を回避しなければならない場面というのはたくさんありますが、そのひとつが「運転」に関する場面です。誰もが安全運転を心がけたいと思っていますが、みなが同じような運転を行っているわけではありません。運転というのは自分の性格などが現れやすいですので、どうしても他人よりも自分本位の運転をしてしまいがちです。しかし、そういった運転は、交通事故のリスクを非常にあげてしまう原因になります。

交通事故は、それを引き起こした人に責任を負わせ、また被害者に対してぬぐえない傷を負わせることがあります。単なる「怪我」ではなく、いわゆる「後遺障害」-将来にわたって身体的または精神的に残ってしまう傷を負わせることがあるのです。ではいったい後遺障害には、どのような症状があるのでしょうか。