後遺障害と交通事故

誰もが安全な生活をしたいと願っていますが、それは誰もが達成できるものではありません。いろんな環境において、いろんな場面や遭遇する事柄などがありますので、私たちはそのすべてを回避することはできません。というのも、それらは難しい問題である場合が多くあり、たいていのことはあらかじめ予測できるようなものではないからです。

危険をすべて予測できるのであれば問題はないかもしれませんが、それを行うためには誰もが未来を見ていなければなりません。

それは不可能です。だからこそ誰もが、未来に起こりうることを予想して、危険を回避する、ということを行うのです。

危険を回避しなければならない場面というのはたくさんありますが、そのひとつが「運転」に関する場面です。誰もが安全運転を心がけたいと思っていますが、みなが同じような運転を行っているわけではありません。運転というのは自分の性格などが現れやすいですので、どうしても他人よりも自分本位の運転をしてしまいがちです。

しかし、そういった運転は、交通事故のリスクを非常にあげてしまう原因になります。

交通事故は、それを引き起こした人に責任を負わせ、また被害者に対してぬぐえない傷を負わせることがあります。単なる「怪我」ではなく、いわゆる「後遺障害」-将来にわたって身体的または精神的に残ってしまう傷を負わせることがあるのです。

ではいったい後遺障害には、どのような症状があるのでしょうか。

参考サイト>>弁護士法人アディーレ法律事務所 - 事故後遺障害認定 - https://www.ko2jiko.com/pickup-koui/