交通事故の禍根

Posted by 運営者 on 16/09/28

結果には、必ず原因が伴います。その原因は、私たち誰かによって引き起こされるものでもあり、誰か自分ではないほかの人によって引き起こされるものでもあります。原因が私たちであればあるほど、負わなければならない責任というのは非常に大きくなります。そしてその責任は、私たち自身では負いきれない、と感じることもあります。

特に、交通事故によって誰かの命を奪ってしまった場合なら、特にそうであると言えます。命への責任は非常に大きく、それは私たちがお金や実刑に服するという点で負わなければならなくなることもあります。そしてそれが、事前に計画や予定していたものではなく、一瞬の気の緩みなどが引き起こしてしまう場合もあるのです。そうです、そのように交通事故のリスクは、運転を行っている人の誰もが持っていると言えます。

私たちは、そのリスクを可能な限り減らす運転を行いたいと思っているでしょう。それには、基本的なことがらである交通法規を守ることも含まれていますが、それを継続的に行う、という意識も関係しています。それは、思い立ったときや気分の良いときだけ行えば良いのではありません。それを「いつも」行い、自分ではなく他人のことを考えた運転をいつも行う必要があるのです。

Filed under 未分類

Comments are closed.